平成29年度より千葉県が主催する『千葉県在宅医療スタートアップ支援事業』にて、「在宅医養成研修」の参加者を募集中です。9月より11月にかけて開催される5日間の研修では、平成30年度の診療報酬改定も反映したテキストを使用。カリキュラムは、後述のとおりです。

「千葉県在宅医療スタートアップ支援事業」について

高齢化の進展に伴い、地域では外来に通院できなくなる方が増えていくことが見込まれます。また、その中には、医療が必要になった時にも住み慣れた自宅等での療養を希望される方が、多くいらっしゃいます。

このような声にこたえるべく千葉県は、在宅医療を開始・拡充を考える医療機関や、医療機関と連携し在宅医療を支える事業所を支援するため、平成29年度より「千葉県在宅医療スタートアップ支援事業」を開始しました。この事業は千葉県が主催し、株式会社メディヴァが事業受託し運営するものです。

令和元年度 在宅医養成研修 概要

研修内容

・在宅医療に必要な知識を幅広く取り扱う座学研修(全5回)
・在宅医療の現場を体験する同行訪問研修

対象

・千葉県で在宅医療の開始・拡充を検討している医療機関の方
・当該医療機関と連携する事業所の方

募集人数

・中央:各45名(千葉県内の医師15名、事務職員、訪問看護師、ケアマネ等30名)
・地域:各15名(開催地域の医師5名、事務職員、訪問看護師、ケアマネ等10名)

運営

株式会社メディヴァが、主催の千葉県より事業を受託し運営しています。

参加費

無料

申し込み期間

・千葉・東金・木更津:令和元年8月28日(水)
・習志野・銚子:令和元年9月20日(金)

※定員を超える場合、事業の趣旨より医師の方を優先させていただくことがあります。

研修後のフォロー

本事業では、上記「在宅医養成研修」を受講した医師より希望者10名を対象に、『在宅医療支援アドバイザー派遣』を行う予定。在宅医療に係る手法や制度、経営等について、個別にご相談いただける、在宅医療支援のアドバイザーを派遣します。申し込み方法は、座学研修期間中にご案内します。

在宅医研修カリキュラム

1日目 在宅医療の背景と経営

・ 前年度の好事例の御紹介
・ 在宅医療の背景、千葉県の現状と今後
・在宅医療を提供する医療機関の類型
・ 在宅医療に係わる診療報酬のポイント

2日目  在宅医療の実践 

・ 在宅診療の実際
・在宅医療の準備(物品・機器など)
・ 在宅医療のオペレーション(診療体制、スケジュールなど)

3日目 在宅医療における連携

・連携する目的
・在宅医療における連携<1>病診連携
・在宅医療における連携<2>事業所間多職種連携

4日目 在宅医療に必要な医学的知識<1>

・ 在宅医療の役割とやりがい
・診療における姿勢
・疾患・状態別の在宅医療

5日目 在宅医療に必要な医学的知識<2>

・在宅医療におけるコミュニケーション
・ 意思決定支援、家族ケア
・ 緩和ケア、臨死期の対応(看取り)

研修座学研修修了後、随時

同行訪問
・ オペレーション見学(在宅医療の運営管理方法の理解)
・ カンファレンス見学(在宅医療におけるカンファレンス内容の理解)
・ 在宅診療見学(現場見学による在宅での診療の実際の理解)

千葉県 公式ページ

「千葉県在宅医療スタートアップ支援事業」参加者募集の御案内について

千葉県在宅医療スタートアップ支援事業を実施します。昨年度に御好評をいただいたカリキュラムをベースに、30年度の診療報酬改定などを反映。未経験の方にも経験者の方にも満足いただけるカリキュラム・テキストをご用意します!

画像: 公式サイト www.pref.chiba.lg.jp


公式サイト
www.pref.chiba.lg.jp

本件に関するお問合せ

株式会社メディヴァ 担当:針谷(はりがや)、椎野(しいの)TEL:03-6805-7876

「千葉県在宅医療スタートアップ支援事業」公式サイト https://www.pref.chiba.lg.jp/kenfuku/iryo-kaigo/st-up.html

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.